商品先物取引に関係している用語をまとめました。

出来るだけ難しい表現は排除して、初心者でもわかりやすいように記載しています。

あ行

商い

売買取引のこと。

か行

ガラ

「ナイアガラ」の略で、急激な価格の暴落のこと。

チャートがナイアガラの滝のような形状になることに由来している。

さ行

シャープレシオ

リスクに対してとれだけのリターンを得られるか、運用効率の高さを示す指標のこと。

考案者の米国の経済学者のウィリアム・シャープ氏の名前が由来。

しょうず

小豆(あずき)のこと。

スポット

現物取引のこと。

現物取引とは、取引と共に現物の受渡しをする取引のこと。

スポット価格

商品を現物で取引する際の価格のこと。

た行

天底(てんそこ)

相場の天井と底のこと。

一定期間における最高値と最安値のこと。

ドローダウン

資産の目減り率のこと。

100万円が50万になってしまった場合は、ドローダウンは50%になります。

テコ入れ

大きく下落した相場を人為的な措置で下げ止めること。

低迷

価格が下落したまま上昇しない状態のこと。

な行

は行

ブル

強気相場のこと。

上昇相場を雄牛(Bull)の角が下から上に突き上げる様子に例えている。

ベア

弱気相場のこと。

下落相場を熊(Bear)が前足を振り下ろす様子に例えている。

ボックス相場

レンジ相場のこと。

引かされる

相場を張って損をすること。

ま行

や行

ら行

レンジ相場

ある一定の幅(レンジ)の中に価格が収まっている相場状況のこと。

別名、ボックス相場とも言います。

ロスカット

損きりのこと。

含み損が出ているポジションを決済すること。

わ行

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z