楽器のギターに関する用語をまとめています。

あ行

アップストローク

下から上に向かってのストロークこと。

か行

ギタレレ

ウクレレサイズのギターのこと。

ガットギター

ナイロン弦を使っているギターのこと。

例えば、クラシックギターはガットギターです。

さ行

ストリング

弦のこと。

広義では、弦楽器のことを指す場合もある。

ストラップ

肩にギターをかける為のベルトのようなヒモのこと。

ギターのボディーにストラップピンが付いていて、そこにストラップを固定する。

サスティン

音の伸びのこと。

音がよく伸びることは「サスティンがある」と言います。

た行

チューニング

各弦の張りを調節して音程を調節すること。

チューナー

ピッチ(音程)を計る装置のこと。

チューニングの際にチューナーを使うと正確にピッチ(音程)を計れる。

チョーキング

押弦している指を弦と一緒に上にあげて音程をあげること。

な行

ネック

ヘッドとボディを繋でいる棒状の部分のこと。

ネックの指板を抑えることで、弦を弾いた時の音程が変わる。

は行

ピッキング

ピックまたは指で弦を弾くこと。

ちなみにクイーンのブラインアン・メイは、6ペンスコインでピッキングします。

ピックガード

ストロークの際にピックが擦れて傷がつかないようにボディに貼ってあるもの。

フレット

ネックの指板に埋め込まれている金属の棒のこと。

押弦するとフレットに弦が押さえつけられて弦の音程が変わる。

ペグ

弦の張りを調整するために手で回すところです。

ペグは、ギターのヘッドに6個付いていて、それぞれのペグで1弦〜6弦を巻くことができる。

ハイポジション

ネックのボディーに近い位置のこと。

ベンディング

チョーキングのこと。

ま行

や行

ら行

ローポジション

ネックのヘッドに近い位置のこと。

ローコード

ネックのヘッドに近い部分でのコードのこと。

または、開放弦を多く含むコードのこと。

わ行