不動産業者が使う用語をまとめました。

あ行

アポ

お客様と営業の約束が取れたということ。

青田売り

まだ完成していない物件を販売すること。

完成を見ずにモデルルームや図面をお客に見せて販売するためトラブルも多い。

居抜き

前の借主の家具、設備、内装などが残されたままの物件のこと。

上物

売地の敷地内にある建物のこと。

エンド

最終的に不動産を購入するお客のこと。

エンド価格

最終的にエンドが購入する不動産の価格のこと。

か行

金消

「金銭消費貸借契約書」の略。

片手

売主と買主のどちらかから仲介手数料を得ること。

瑕疵(かし)

欠陥のこと。

ごっとう

「建ぺい率50%・容積率100%」のこと。

さ行

さぶろく

「建ぺい率30%・容積率60%」のこと。

心理的瑕疵

実際には見えない瑕疵のこと。

事故物件などは、心理的瑕疵にあたる。

重説

「重要事項説明」の略。

た行

電ビラ

電柱に貼る広告のこと。

マンションの間取りや価格などが書いてあります。

な行

流れ

契約がキャンセルになってしまったということ。

は行

売契

「不動産売買契約書」の略。

ひき物

チラシや店頭の看板に掲載するような安くて良い物件のこと。

ひき物は、実際には無い物件があるので注意が必要です。

ま行

不動産全般における物件のこと。

例えば、土地や建物のこと。

や行

よんぱち

「建ぺい率40%・容積率80%」のこと。

ら行

両手

売主と買主の両方から仲介手数料を得ること。

わ行