将棋の用語をまとめました。

あ行

甘い手

あまり良いとは言えない狙いが中途半端な一手のこと。

暴れる(あばれる)

形勢が悪いと判断して多少は無理気味で攻め手を指すこと。

悪手(あくしゅ)

形勢不利になるような良くない手のこと。

一手(いって)

駒を1回動かすこと。

一局(いっきょく)

将棋の1ゲームのこと。

埋める(うめる)

王の周りの隙間を埋めるように駒を配置すること。

お手伝い(おてつだい)

相手が有利になるような手を自ら指してしまうこと。

大駒(おおごま)

飛車と角のこと。

か行

金気(かなけ)

金将と銀将のこと。

金駒(かなごま)

金将と銀将のこと。

緩手(かんしゅ)

相手に痛手とならない緩い一手のこと。

禁じ手(きんじて)

禁止されていて指すと反則負けになる手のこと。

棋譜(きふ)

対局の記録のこと。

こじ開ける(こじあける)

鉄壁で隙の無い相手の守備に向かって、強引に攻めること。

さ行

新手(しんて)

定跡のように知られていない新しい手のこと。

筋(すじ)

将棋盤の縦の列のこと。

た行

投了(とうりょう)

先の展開を考えて負けは回避できないと判断する場合に負けを認めること。

な行

根本(ねもと)

攻め駒を後方から支えている駒のこと。

逃れ(のがれ)

詰みそうな玉が上手に逃げていてなかなか詰まないこと。

は行

歩切れ(ふぎれ)

持ち駒に歩が無いこと。

含み(ふくみ)

多数の狙いが隠されていること。

ま行

真似将棋(まねしょうぎ)

相手の指し手と同じ手を続けること。

いつかは同じ手を打てなくなってその時が本当の勝負になる。

妙手(みょうて)

指されるまで予想がつかないような有効な手のこと。

道(みち)

駒を進めることができる位置のこと。

や行

ら行

乱暴(らんぼう)

強引な指し方のこと。

手順や応手を間違えると形勢が不利になるリスクのある指し方のこと。

わ行