当サイトは、大相撲の業界用語や力士が使う専門用語をまとめているサイトです。

あ行

相星(あいぼし)

その場所の成績が同点であること。

アンコ型

丸々と太った力士の体型のこと。

魚の鮟鱇(アンコウ)に由来している。

か行

金星

平幕の力士が横綱に勝つこと。

ガチンコ

真剣勝負のこと。

体と体がぶつかり合うときの「ガチン」という音に由来している。

決まり手

勝負が決まった時の技のこと。

片目が開く

本場所において1勝目をあげること。

クニモン

同郷の人のこと。

米びつ

将来を期待されている有望な力士のこと。

さ行

三役

大関、関脇、小結のこと。

しかきめる

知らない振りをすること。

た行

立合い

相撲が始まった直後のこと。

取組を開始する瞬間のこと。

タニマチ(谷町)

経済的支援などをしてくれる後援者のこと。

年寄

親方の正式名称。

年寄は「力士が現役を引退して後に年寄名跡を襲名継承した者」とされている。

手が合う

気が合うこと。仲がいいこと。

手が合わない

気が合わないこと。

な行

猫騙し

立会いの瞬間に相手の目の前で手を叩いてびっくりさせて目をくらます方法。

は行

花道

力士が土俵に上がるまで通る通路のこと。

ま行

や行

よかた

相撲業界以外の一般人のこと。

ら行

両目が開く

本場所において2勝目をあげること。

1勝目は、「片目が開く」と言います。

わ行